車乗り換えのタイミングに最も重要なポイント

車を乗り換える時期は3年?5年?5万キロ?10万キロ?

車を乗り換えるタイミング

乗り換えタイミングは現車の売却額で決めるのもあり

車を乗り換える最良のタイミング・時期にはいくつもの定説があります。年数では3年・5年・10年、走行距離では5万キロ・10万キロ・15万キロなど、ちょうど車検時期等が乗り換えるタイミングだと言われています。

これは本当に正しいのでしょうか?

年数で言えば、新車から3年で1回目の車検があり、5年で2回目の車検になります。車検になるとある程度まとまったお金がかかりますので、その前に新しい車に乗り換えてしまうというのはある程度、理にかなった行為でしょう。

しかし、走行距離に関して言えばあまり根拠はありません。「車は10万キロまで」と言われていたのは昔のことです。

タイミングは今の車の売却額で決めるのが賢い

乗り換えは今の車が高く売れる時にするのがよいでしょう。車の売却価格は基本的に販売から年数が経過するごとに下がっていきます。しかし、同車の新型や需要期(4,9月頃)になると中古車の販売額があがるため、売却額もあがる傾向です。

あまり考えずに下取りに出すと、金額面で大きく損をすることもあるので車を乗り換える時は一度買取専門店での査定をおすすめします。

家の近くにある買取店を自力で回るのも良いですが、面倒臭さから途中で止めてしまったり知らない車の査定店を取りこぼしてしまったりということが発生します。インターネット上で一括申し込みができて近くの車査定店に一斉に査定してもらえるサービスを利用してください。

車の乗り換え時に少しでも高く売りたい方はこちら

高く売れるタイミングで乗り換える

まずは売却価格のチェックから

1番高く売れる可能性が高いのは今

先ほども述べた通り、車の価値・価格というのは購入からほぼ下がり続けます。時期やタイミングにより多少の需要期はあっても、大きく売却価格があがることはまずありません。

車の乗り換え時に今の車を少しでも高く売ろうと考えている場合は、まず買取専門店への査定依頼をおすすめします。

買取専門店はディーラーや新車販売店の下取りよりも高く買取ってくれることが多く、その分新車購入費用に回すことも可能です。

インターネットから近くの複数買取店へ一括で査定依頼を出し、最も高く買取ってくれる店舗を早く見つけてください。

高く買取ってくれる店を早く見つけることができれば、その分楽しい新車ライフも早くやってきます。

車を高く買取ってくれる店を探したい方はこちら

車の乗り換えタイミングは何年がお得?車はお金だけに限って言えば、新車をずっとメンテナンスして乗り続けるか、5年落ちぐらいの中古車(中古車市場には5年落ちで走行距離2~3万キロほどの車はたくさんあります)が1番お得です。価格もだいたい新車の半値ほどになります。車の性能もあがっているので、使用頻度にもよりますが10万キロ程度までは故障なしで乗れることも多々あります。一昔前は10万キロが車を乗り換えるひとつのタイミングだとも言われていましたが、15万キロ程度まで走行しても多少の修理・部品交換ぐらいで乗り続けられる車もたくさんあります。ですので、経済的に車に乗るのであれば「新車は乗りつぶす覚悟で最後まで付き合う」あるいは「5年落ち走行距離3万キロ程度の中古車を10万キロ~15万キロまで乗る」のが正しい選択になります。

それでも、家族構成の変化や欲しい車の出現によってどうしても車を乗り換えたい(買い換えたい)タイミングはやってくると思います。家族が増えたので大型車がほしい、子どもが独立したので小型車に乗り換えたいなどの需要はよくあります。そういった場合は購入年数で言えば「5年」、走行距離で言えば「3万キロ、5万キロ手前」をひとつの目安としてください。もちろん、車の査定価格はこれだけでは決定しませんがひとつの目安にはなります。新車で購入している場合、売却価格はおおよその場合「購入から約3年の価格下落が激しい」です。300万円の新車の場合約3年間乗り続けると、売却価格は100万円程度になります(だいたいの目安価格です、車の状態や後継車種の登場などによっても価格は前後します)。この車を乗り換えるときの売却価格は、売るタイミングもそうですが査定方法によっても大きく変わってきます(車によっては30万以上の価格差になることも)。

車を乗り換えるときは、だいたいの人が新車購入店でこれまで乗っていた車を「下取り」してもらいます。下取りは新車との交換のようなもので、新車購入額から一定の金額(下取り額)を差し引いて新車をお得に購入することができます。しかし、金額は「下取り」よりも「買取」の方が高額になります。車の買取とは新車購入店(ディーラーなど)ではなく、専門の中古車買取店に車を売却することです。大手で言えばカーセブンやガリバーなどが有名です。中古車買取店は中古車の売買を商売としていますので、どうしても台数がいります。そして、下取り価格よりも高額で買い取らないと誰もわざわざ中古車買取店に売ってくれないので商売になりません。その分、販売前の車の整備費を抑えたり、ディーラーにはない中古車の販売ルートを確保するなどして、利益をあげています。

車を乗り換える時は、この中古車買取店でも愛車の査定を受けると思わぬ高値で売れる場合が多々あります。これまで下取りが普通だった人が買取査定をすると、たいていの場合金額にビックリします(もちろん思っていたより高額なためです)。ですので、車を乗り換えるタイミングとして、買取価格で高値がついた時というのもひとつの考慮ポイントとすることができます。中古車市場も基本的には下取りと同じで年数が経過するごとに徐々に売却価格は下がります。しかし、中古車の需要期(3月、9月)や海外での中古車の需要が高まった時、あるいは中古車買取店が直接販売できるお客さんを抱えているときなど一時的に車の需要が増えると、結果的に車を買い取ってくれる金額もあがります。ただ、この「いつ高く売れるのか?」というのは一般的に知ることはできません。中古車の市場相場はネット上で調べることはできますが参考価格に過ぎません。車種や走行距離はもちろんのこと、色・パーツ・ドレスアップ・外装と内装・車の状態などで全く変わってしまいます。一台一台で買取価格が大きく異なります。やはりご自分の車を査定してもらうのが最も正確な金額を出すのに適しています。

とはいうものの、中古車買取店もたくさんありどこがよいのかわからない…、全ての店に行くのは面倒臭いというのが大きなネックになるでしょう。しかし、インターネット上から車の査定を行えるサービスがあります、しかも1回の車情報の入力で買取可能な複数店舗から一気に査定してもらうことが可能です。これで、本当は他に高い金額をつけてくれる店があったのに…という、高額査定を取りこぼす心配もいりません。また、実際に車を見て査定して貰う場合にも買取店まで出向く必要はなく、指定した場所で出張査定してくれるので面倒くさくなく便利なサービスです。車を乗り換えるタイミングで迷われている場合は、このサービスを利用して実際の金額を見てから決めてもよいのではないでしょうか。

このページの先頭へ